2012年10月


■ 愛媛県内子見学〜伝建を訪ねて ■

伝統的建造物の修理、修景や古民家に携わるようになると、古い町並みオタクになってしまいます。

これまで九州内を見学しましたが今回は四国に渡り、伝統的建造物保存地区に選定されている内子と西予に訪れました。

内子は吉井よりも早く、昭和57年に伝建に選定されています。


最初の写真は有名な内子座です。九州では嘉穂劇場、熊本山鹿の八千代座と同じく、芝居などが楽しめます。

昔は車ではなく、歩いて訪れていたのでしょう、写真を撮るにも引きが無いくらい正面広場が小さいのです。よく言えばヒューマンスケールだったのでしょう。

八千代座ほどは華美ではありません。
庶民の楽しみでしたので思いのほか質素です。

山鹿の八千代座と比べてみましょう。

ここでも、廻り舞台や花道など、見学できます。

内子の伝建地区の正式名称は「
内子町八日市護国伝統的建造物群保存地区」と長いのです。

この町並みは約600mに渡っており、江戸〜明治初期の二階建、平入り、瓦葺きの木造が建ち並びます。入り口は酒蔵ならぬ酢蔵が並ぶここから始まります。とてもおいしくて身体にも効く酢卵ジュースを作っています。試飲できます。

実際に見学してみると他の地域と違う特徴として白い漆喰壁ではなく、黄色味を帯びた漆喰壁が多数見受けられます。
非常に映えて美しく感じました。


町並みも中途半端ではなく、まさに時代劇に使えそうな佇まいを醸しています。

また、もう一つの特徴は通りに面した隣り合う建物の間になんと表現したらいいか、アンニュイな小径がいたるところに見受けられます。小雨の時に番傘などさすと絶好の記念写真が取れるでしょう。

内子は大洲藩の財政の一部を担っていたハゼの実から抽出した木蝋で大いに繁栄した歴史があります。その代表的な蝋商芳我家の建物を中庭から。
当時の栄華が想像されます。

通りの終りの方は漆喰など豪壮な建物が少なくなり、少し庶民的な感じがします。

電線が無いからすっきりした空もたまりません。

皆さんも一度、訪れたらいかがでしょう!お勧めです。
2012.10.16

■ 愛媛県内子見学〜伝建を訪ねて ■

伝統的建造物の修理、修景や古民家に携わるようになると、古い町並みオタクになってしまいます。

これまで九州内を見学しましたが今回は四国に渡り、伝統的建造物保存地区に選定されている内子と西予に訪れました。

内子は吉井よりも早く、昭和57年に伝建に選定されています。


最初の写真は有名な内子座です。九州では嘉穂劇場、熊本山鹿の八千代座と同じく、芝居などが楽しめます。

昔は車ではなく、歩いて訪れていたのでしょう、写真を撮るにも引きが無いくらい正面広場が小さいのです。よく言えばヒューマンスケールだったのでしょう。

八千代座ほどは華美ではありません。
庶民の楽しみでしたので思いのほか質素です。

山鹿の八千代座と比べてみましょう。

ここでも、廻り舞台や花道など、見学できます。

内子の伝建地区の正式名称は「
内子町八日市護国伝統的建造物群保存地区」と長いのです。

この町並みは約600mに渡っており、江戸〜明治初期の二階建、平入り、瓦葺きの木造が建ち並びます。入り口は酒蔵ならぬ酢蔵が並ぶここから始まります。とてもおいしくて身体にも効く酢卵ジュースを作っています。試飲できます。

実際に見学してみると他の地域と違う特徴として白い漆喰壁ではなく、黄色味を帯びた漆喰壁が多数見受けられます。
非常に映えて美しく感じました。


町並みも中途半端ではなく、まさに時代劇に使えそうな佇まいを醸しています。

また、もう一つの特徴は通りに面した隣り合う建物の間になんと表現したらいいか、アンニュイな小径がいたるところに見受けられます。小雨の時に番傘などさすと絶好の記念写真が取れるでしょう。

内子は大洲藩の財政の一部を担っていたハゼの実から抽出した木蝋で大いに繁栄した歴史があります。その代表的な蝋商芳我家の建物を中庭から。
当時の栄華が想像されます。

通りの終りの方は漆喰など豪壮な建物が少なくなり、少し庶民的な感じがします。

電線が無いからすっきりした空もたまりません。

皆さんも一度、訪れたらいかがでしょう!お勧めです。
2012.10.16
Copyright(C)2008 arca-architecture office All rights reserved.